コンペティション受賞作のサンプルが完成しました【1】

228日に受賞作が決定した「カムアクロス傘デザイン・コンペティション’22」。
3月からは受賞作のデザイン・コンセプトシートをもとに、サンプル製作がスタートしました。
そしてこの度、【グランプリ】【優秀賞】【アイデア賞】の各賞のサンプルが完成しましたので
ここでご紹介させていただきます。まずは【アイデア賞】の2作品です。

 


eda-brella(エダブレラ)枝のように分かれた持ちやすい傘」(野村 恒司さん)

こちらがカムアクロスが製作した「eda-brella」。

 

野村さんによるデザイン・コンセプトシートの一部。

 

プラスチック製品のメーカーに頼んだら、すぐにできるのでは? と思いつつ、エダブレラなんだからやっぱり素材は木なんじゃないの、とも思ったり。素材は、どんな生地や骨に合わせるかにもよります。思案の結果、年配の人にも使いやすいよう、上品で落ち着いた雰囲気の傘を目指しました。ホームセンターで購入した木に、ボール盤で穴をあけ、接着するというDIYな手法です。傘に取り付けてみると、手元にかなりのボリュームがあります。なんだかバランスがよろしくない。

そこで、同じ木で石突きもつくりました。取り付けて、傘をたたんで立てかけてみます。端と端にボリュームが出てバランスはよくなりましたが、間になにかポイントがほしくなる……。そこでネーム部分にアンティーク調のアクセサリーをプラス。いい感じになりました。ちょっと今日のファッションとはテイストが合わない、というシーンも考慮して、アクセサリーは取り外せるようになっています。

枝の部分に飾り房もつけて、雰囲気を出してみました。

 

 


「太陽光のマーメイド」(津田 知恵美さん)

完成した「太陽光のマーメイド」のサンプル。

 

 

津田さんによるデザイン・コンセプトシートの一部。

 

ソーラーパネルがコンセプトの肝。なんですが、傘をさして充電ができて、日傘としての実用にもたえうるものとなると、現状ではなかなか厳しい。そこで、あとはソーラーパネルとバッテリーが取り付ければ完成というところまでを再現することにしました。

デザインの肝は、マーメイドのイメージ。絵柄は転写プリントを使います。尻尾になった石突きの部分と、手元は手作業です。尻尾は綿を入れて、ふっくら愛らしいフォルムになるようにつくりました。手元は持ちやすさも考慮し、転写プリントした生地を使いました。しわがでないように手元にそってぴったりと縫って、最後にビニールパック。カラフルな生地と相まって、キュートなパラソルになりました。

ふんわり尻尾がチャームポイントです。